カキは美味しいだけではない豊富な栄養素が含まれています。

冬の味覚で有名なカキはお好きですか。

カキの料理は土鍋や鍋料理をはじめとして、カキ飯やカキフライなど、様々な調理方法で味わうことができます。またカキは海のミルクと呼ばれ、豊富な栄養素が含まれている貝類の仲間です。

海のミルクと呼ばれる理由に見た目が白いこともあるのですが、ミルクと同じく栄養価の高い貝です。カキには、タウリン、カルシウム、鉄分、ビタミンB群などの栄養素が豊富に含まれています。血圧や血中コレステロール値を下げる効果があるので、高血圧症や動脈硬化の予防にも役立ちます。また肝機能や免疫力の強化、造血作用や精神安定効果も期待できるので、正に栄養たっぷりのカキと言って良いでしょう。

海のミルクと呼ばれる前は、海の玄米と呼ばれていました。

ただし、注意すべきこともあります。カキには食中毒の原因となるウィルスや細菌が付着している場合があるので、生でそのまま食べる時には気をつけなければなりません。

その際には必ず浄化処理されたカキを食べるようにしましょう。また加熱する場合には、85℃以上のお湯で1分以上の湯通しが目安です。

カキには必要な栄養素がぎっしり詰まっています。しっかり加熱した状態でお好みの調理方法で召し上がってくださいね。栄養効果を高める食べ合わせとして、トマトやレモン、ほうれん草やブロッコリーといった野菜がお勧めです。寒い冬の時期に合うカキを味わってみては如何でしょうか。

今回紹介したカキはマガキで、海のミルクとして有名ですが、夏に旬を迎えるイワガギは海のチーズと呼ばれています。酵素は一番人気なのは?